疑問解決!Aga治療の費用とは?

ホーム > agaの費用について > aga治療にかかる費用を比較する

aga治療にかかる費用を比較する

マスメディアや口コミを通じて、agaは治せる病気だという認識が現在では一般的になっています。
ただし医療機関へ行っても保険は適用されないので、費用が気になるという方は多いでしょう。
aga専門クリニックでは、さまざまな方法で治療を行っており、料金にもかなりの差があります。
比較的手軽で実行しやすいのは、脱毛防止・発毛促進薬を用いる方法です。
医学的にも効果が検証された脱毛防止薬は、1か月あたり5千円?1万円程度で処方を受けることができます。
クリニックによっては、ほかに初診料や検査代が数千円程度必要になります。
また効果をいっそう高めるため、内服薬と外用薬が併用される場合もあります。
全般に副作用が起きる確率は低く、専門の医師が処方するため安全性は高いと言えるでしょう。


aga治療の内服薬は飲み続けている限り効果を表しますが、服薬を中断すると効果もなくなると言われています。
月あたりの費用は安くても、長く続けると負担は大きくなるかもしれません。
これに対して自毛植毛手術は初期費用は高額ですが、成功すれば半永久的に効果のある方法です。
自毛植毛にかかる費用は1000グラフトあたり数十万円?百万円内外になるのが普通です。
グラフトとは1回に移植する毛根の単位を表し、1グラフトには2?3本の毛髪が含まれています。
どれぐらいの数を移植するのが適当かは、agaの進行具合によって異なるので、専門クリニックで詳細に見積もる必要があります。
また自毛植毛は何度も施術を受けられるわけではなく、後頭部や側頭部に残った自毛が少なすぎる方には向いていません。


このほかにメソセラピーやHARG療法などという名称で、注入治療を実施しているクリニックもあります。
成長因子や発毛促進因子を含んだ独自の薬剤を、極細の針などを使って頭皮に直接注入する方法です。
手術よりも体への負担は軽く、痛みはほとんど感じないように工夫されています。
多くは1?2回の施術で効果が現れるとされており、1回あたりの費用は数万円?十数万円程度になります。
以上のようにagaをクリニックで治療するには、それなりの費用がかかることを覚えておきましょう。
とはいえ医学的な効果が検証されていないエステサロンでも同程度の費用は必要ですし、バレないような精密なカツラを作ればやはり百万円ぐらいはかかります。
それを考えれば、クリニックでの治療は決して高い買い物とは言えないでしょう。

次の記事へ

上へ戻る