疑問解決!Aga治療の費用とは?

ホーム > agaの費用について > agaの治療方法は費用と効果で選ぼう

agaの治療方法は費用と効果で選ぼう

男性型脱毛症のaga対策は早ければ早いほどよいので、髪が薄くなったタイミングを見逃さないようにしてください。
徐々に薄くなっていく性質があるので、薄いのは気のせいだと考えて何も対策をしないと大変です。
シャンプーをしたときに以前より抜け毛が多くなってきた、ブラッシングのときの抜け毛を見ると弱々しい、などと感じたら注意してください。
抜け毛が増えてきたり髪質が弱く細くなったりするのはagaの特徴であり、部分的な薄毛が発生している場合は特に該当します。
セルフケアによるaga対策は発毛剤の使用で、ミノキシジルを含有したものがおすすめです。
日本で唯一発毛効果が認められている医薬品で、育毛剤よりもワンランク上の効果があります。
月の費用は4000円~8000円程度となっており、ミノキシジルの濃度・他成分の配合などにより変わってきます。


すでにagaの進行がハッキリとわかる状態にあるなら、育毛サロンに通うのがおすすめです。
サロンでは医療行為による治療はできませんが、頭皮状態を健全にして抜け毛の進行を止めることは可能です。
agaは5αリダクターゼという脱毛酵素により引き起こされますが、生活習慣が大きな拍車となっています。
間違った頭皮ケアを続けていたり、食生活に問題があったりすると若くして髪が薄くなる可能性大です。
こうした悪習慣を見直しするためにも育毛サロンのケアはおすすめで、毛髪診断士のいるサロンなら具体的な生活アドバイスをしてもらえます。
育毛サロンの費用は1回のケアで1~2万円程度となっており、利用回数によって左右してきます。
本気で発毛させたい方には週に2回の利用がおすすめですが、それほど重症化していなければ週に1回でも問題ありません。


現在において最も効果的なaga対策は医療機関による施術で、代表的な対策は発毛剤と経口薬の並行になります。
昔はagaを改善させるには自毛植毛が必要と言われていましたが、現在は薬だけでも発毛が期待できる時代です。
薬物療法は使用する治療薬の種類にもよりますが、月に1~2万円程度の費用で行えるのが普通です。
育毛サロン以上の効果を期待できるので、費用対効果を考えると医療発毛が最も安くなるケースが多いと言えます。
aga施術は慰めで終わっていては意味がないので、費用の安さよりも効果に着目してください。
セルフケアやサロン育毛で効果を実感できない場合は医療発毛を利用する時期にあります。
医療ローンを用意しているクリニックが多いので、お金に余裕がなくても発毛治療を受けることが可能です。

次の記事へ

上へ戻る