疑問解決!Aga治療の費用とは?

ホーム > agaの費用について > 進行性agaは早期治療で費用をできるだけ抑える方向に

進行性agaは早期治療で費用をできるだけ抑える方向に

専門クリニックでのaga治療では主に、飲み薬の処方を受けたり塗り薬などの投薬治療がメインになります。
ドラッグストアや薬局に行けば、薄毛のためのサプリやヘアアイテムが販売をしていますが、クリニックでの治療で使う医薬品は、ドラッグストアなどで簡単に入手できるタイプではありません。
キチンとクリニックで診察を受けて、必要に応じて医師が処方箋を出して購入をするからです。
市販の育毛サプリメントや育毛剤スプレーと比較をしてみても、完全な医薬品なので効果もそれだけ期待ができます。
作用が強くなるので、それだけ失った毛髪を再びはやすための力を発揮しやすいですし、市販のサプリでは実感できなかった効果も医薬品なら手ごたえを感じるはずです。
処方箋による医薬品の受け取りにはなりますが、保険適用ではないため全額自己負担になるので、費用面でも自分のお財布との相談が必要になります。


クリニックの方針やメニューの内容によって、クリニックで支払うagaの費用にはかなり違いがありますが、これは自由診療だからであり、各クリニックが自由に価格設定ができるためです。
初期費用としてかかる費用は、3千円から1万円ほどが目安になりますが、男女で初期費が異なるクリニックもあります。
カウンセリングと初診費、それに血液検査が最初の費用には含ますが、カウンセリング費用だけは無料というケースは多いです。
中には初診費に頭皮撮影やマイクロスコープでのチェック、血圧測定が含まれることもあります。
血液検査も1回で終わりのところもあれば、2回行うクリニックもあるので、初期費用も確認の上でクリニックを選ぶことです。
毎月通うことになるので、1ヵ月に治療費用の目安も確認をしておくこと、大体1万円から4万円近くかかりますので、お財布に見合ったクリニックと治療内容を選択することも必要になります。


aga治療には時間がかかりますので、最低でも3ヵ月から半年は気長に治療を受ける必要がありますし、腰を据えて年単位で治療に挑む心構えも必要です。
男性型脱毛症で悩む割合は年々増加の一途をたどっていますが、その改善のため二医療機関でもあらゆる治療方法を用意していますので、簡単に諦めてしまうことはありません。
進行性のため放置をすると毛髪はやせ細り抜けやすくなって、毛根自体が閉じていきますので、最終的には毛髪が生えなくなってしまいます。
こうした流れがあるので発症をしたら、決してそのままにはしないで治療は早急に開始をすることです。
ジヒドロテストステロンが原因物質となり、ヘアサイクルをおおきく乱してしまうので、専門クリニックでの治療での改善が必要になります。
費用面は保険適用にはなりませんが、早めに治療開始をしたほうがそれだけ余計なお金をかけることにはなりません。

次の記事へ

上へ戻る