疑問解決!Aga治療の費用とは?

ホーム > agaの費用について > 最も効果を期待できるのは一般皮膚科よりもagaに特化したクリニック

最も効果を期待できるのは一般皮膚科よりもagaに特化したクリニック

クリニックによりaga治療費は異なりますが、保険適用ではないために各クリニックで費用は自由に決めることが出来るからです。
価格面の妥当かの判断が付きにくいかもしれませんが、本人の薄毛治療をする目的などを踏まえて病院も治療内容も選ぶようにします。
進行を予防したり将来的な薄毛対策を目的にするなら、脱毛抑制薬だけの処方での通院もできるので、その場合の価格は毎月3千円から7千円が目安いです。
少なくなった毛量に悩み、毛髪を生やすことや増やすことに目的を置くなら、複数の発毛促進薬や脱毛抑制薬の処方を受けることが出来るので、月に1万5千円から4万円を見ておきます。
投薬治療はクリニックでも基本治療となりますが、他にも注入系の治療を加えて通院をすると、プラスで5万円から10万円ほどはかかる計算です。


過去にないほど薄毛や抜け毛で悩む人が増えた現代では、国内だけを見渡してみても多数のaga治療のできる医療機関があります。
比較的来院をしやすいのは一般病院の皮膚科であり、総合病院のような大きなところもありますが、小さな皮膚科や診療所などもあり、メインは保険診療なので男性型脱毛症に特化しているわけではありません。
相談をするには敷居が低いですが、保険適用の皮膚科は男性型脱毛症治療に関しては専門性が低いです。
容姿の問題の解決になりますので、美容外科や美容皮膚科などでもメニューに出していることがありますが、一般の皮膚科以上で専門クリニックまではいかない中間のポジションにあります。
自由診療に特化してはいますが、あらゆる美容の悩みを医療で改善するので、男性型脱毛症専門ではないです。
男性型脱毛症だけを治療する専門病院は、本当に男性型脱毛症だけに特化しているので、かなりの専門性が高い治療を受けられます。


aga治療に特化している専門のクリニックでは様々な治療方法を用意していますが、投薬治療をメインにしていることが多く、飲み薬の処方で改善を目指す方法です。
主な治療方法は飲み薬ですが、他にも頭皮に効果が高い成分の薬液を注入する注入治療をしたり、希望に応じて本人の毛根を移植する自毛植毛にも対応をしていることがあります。
いくつかの治療方法を提案される中でも、最も多いのはやはり投薬治療です。
投薬治療は毎月1回はクリニックへ通いますが、通院による投薬治療の相場としては2万円前後です。
診察料が3千円から5千円、これに処方薬の費用が1万5千円から1万7千円ほど、利用をするクリニックや治療メニューによっても違いはあります。
ただし自由診療でから、月に4万円ほどかかるところもあるので、費用面の事前確認は必要です。

次の記事へ

上へ戻る