疑問解決!Aga治療の費用とは?

ホーム > agaの費用について > 医療機関ごとにagaの治療費は違います

医療機関ごとにagaの治療費は違います

かつては改善が難しいとされていた男性型脱毛症も今や治療で改善できる時代となりました。
とはいえ、こうした治療は保険適用はされず自由診療となります。
そして薄毛治療は長期に続けていく必要もありますので、無理なく続けられるかもよく確かめておきましょう。
薄毛治療では様々な治療が用意されていますが、初期の薄毛であれば薬による治療が選ばれることが多くなっています。
薬は内服薬と頭皮に直接つける外用薬がありますが、どちらも併用することも多くなっています。
薬による治療は特に費用の負担は少ないですが、そのかわり長期に続けなくてはいけないということも理解しておきましょう。
髪には毛周期がありますので、薬の効果を実感できるまでにはそれなりの期間も必要です。
そして治療をやめてしまうとまた髪は元の状態に戻っていきますので、効果を実感できてもさらに長く治療を続けていくこととなります。


薄毛治療は皮膚科などでも行われていますが、agaの進行具合にも個人差がありますので、誰もが同じ治療で良い改善が得られるというわけではありません。
一般的な治療薬では改善が難しいという場合はより専門的な治療も検討したいところです。
最近はaga治療専門のクリニックも増えており、オリジナルの治療方法や薬が提供されていることが多くなっています。
さらに自毛植毛やHARG療法などより高度な治療を取り入れている医療機関もあります。
こうした治療を行えば、進行した薄毛も改善できる可能性がありますが、その分治療費も高くなる傾向にあります。
より費用を抑えて治療を受けるのであれば、キャンペーンの活用やモニター制度も利用したいところです。
割引の情報は各クリニックの公式サイトなどで確認することとなります。


薄毛治療は多くの医療機関で行われていますが、同じような治療でも医療機関ごとに費用は違いますのでじっくりと比較して適正な費用を知っておきたいところです。
治療費の目安としては、投薬治療の場合は月に数千円程度から始めることができますが、オリジナルの処方薬の場合はより高額になる傾向にあります。
費用を少しでも抑えるのであれば、ジェネリック医薬品の利用も考えたいところです。
薬はより低価格ですが、新薬と同じ成分ですので、安くても効果が劣るという訳ではありません。
さらに血液検査などを受ける場合はその費用も必要です。
頭皮に薬剤を直接注入するHARG療法や育毛メソセラピーの場合は高い改善効果も期待できますが、こうした治療は一回でも数万円程度の出費は発生します。
治療の前にはカウンセリングも行われますので、この時に費用の面でわからないこと、気になることがあればしっかりと質問しておきましょう。

次の記事へ

上へ戻る