名刺のデザインで自分らしさを表現してみましょう

約55mm×91mmという小さな紙片の中に企業や個人の情報を詰め込んで、お客様や取引先にお渡しする名刺。近代になり、この小さな紙切れはただ情報を記録しただけの媒体という役割を超え、『個性』という輝きを付加したデザイン性の高いものが作られるようになってきました。今や誰もが活用するビジネスツールでもありますから、同業他社と差をつけるためにも個性的なデザインを追求するようになったのは、自然な流れとも言えるでしょう。基本的にはビジネスシーンで活用されることが多かったこのツールも、近頃ではプライベートシーンで活用される方が増えてきました。例えば趣味の会合やインターネットでの出会いを起点としたオフ会、人生のパートナーを探す婚活パーティーなど、パーソナリティを重視される場においては、きっかけを作るために最適なアイテムとして、今後も需要を高めてゆくに違いありません。

印刷する際のデザイン性で個性を演出する

インターネットで「デザイン名刺」と検索すると、ほぼ無限と言っていいほどのテンプレートや作成例がヒットし、あらゆる要素を包括した様々なモデルを目にすることができます。一般的に、規定内の用紙に通常の印刷を施したスタンダードな商品なら、時には千円を下回る安価で作成することができますが、経費を最小限に抑えた上で個性的なツールを手に入れたい場合は、ハード部分はスタンダードに抑えてデザインだけで勝負するのがおすすめです。「自分らしさ」を演出するのなら、例えば日頃スマートフォンに溜め込んでいる綺麗な景色の画像を背景として使用してみたり、好きな色をベースにして好みのフォントを配置するだけでもデザインを起こすことはできます。版権に左右されない世界的な名画を利用したデザインなども面白いでしょう。デザインは、アイデアひとつで無限の可能性を見出すことができる分野です。楽しんでデザインに取り組みながら、格安価格で自分らしい個性を演出したいものですね。

素材やカットで自分らしさを表現する

基本的には四角い紙面に情報を入れて印刷するだけ、というのがセオリーだった名刺の世界。その常識は、近年大きく変わりつつあります。印刷技術が飛躍的に進歩した現代においては、木材やプラスチック、金属などに印刷されたものも珍しくはなくなりました。さらに、形もただのスクエア型から様々に進化し、透かしのようなカットを入れたものから、希望の小物や生き物の形に切り抜いたものなど、一見した限りではとても名刺とは思えないようなデザインのものが多数作成されています。素材や特殊印刷の技術が多様化してから、この分野はそれまでにあると思われていたある種の制限や定型を打ち破り「本当の自由」に近いデザイン性を持つようになりました。今後はますますその風潮が高まってゆくことでしょう。「自分らしさ」を表現するためには、まずどのような方法があるのかをしっかり知ることから始めることがポイントと言えます。業者によってできることは少しずつ違いますから、コンセプトを模索しつつ多くのサイトに触れてみることで、自分なりの個性を見つけてください。